特養料金表 本文へジャンプ
 
1.ご利用者の要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
2.サービス利用単位数(介護保険対象)
@ 基本単位 1日当り 565 634 704 774 841
  全利用者対象加算
A 栄養マネジメント加算 1日当り 14 14 14 14 14
B 個別機能訓練加算 1日当り 12 12 12 12 12
C 日常生活継続支援加算 1日当り 23 23 23 23 23
D 看護体制加算 T 1日当り 12 12 12 12 12
E 看護体制加算 U 1日当り 23 23 23 23 23
F 夜勤職員配置加算 T 1日当り 41 41 41 41 41
G 口腔機能維持管理体制加算 1月当り 30 30 30 30 30
H 介護職員処遇改善加算 1月当り 上記@〜G及び下記H〜Qの合計の2.5%
  その他利用者毎の加算
I 療養食加算 1日当り 23 23 23 23 23
J 経口移行加算 1日当り 28 28 28 28 28
K 経口維持加算 T 1月当り 400 400 400 400 400
L 経口維持加算 U 1月当り 100 100 100 100 100
M 初期加算(入所日から30日) 1日当り 30 30 30 30 30
N 外泊時加算 1日当り 246 246 246 246 246
O 口腔機能維持管理加算 1月当り 110 110 110 110 110
  看取り加算
P 死亡日前4日以上30日以下 1日当り 144 144 144 144 144
Q 死亡日の前日及び前々日 1日当り 680 680 680 680 680
R 死亡日当日 1日当り 1,280 1,280 1,280 1,280 1,280
3.基準費用額
食費(負担限度額により減額有) 1日当り 1,500 1,500 1,500 1,500 1,500
居住費 1日当り 840 840 840 840 840
自己負担利用料金
上記表@〜R全ての合計単位に10.14円を乗じ、その金額から国保連合会負担の8・9割を除いた金額及び食費、居住費の合計額となります。(2018年8月より3割負担の場合もあります)
各種加算説明
加算A  管理栄養士を配置し、全ご利用者の栄養ケア・マネジメントを実施した場合加算されます。
加算B  基準に該当する機能訓練指導員を配置し、個別機能訓練に関する計画・訓練を実施した場合加算されます。
加算C  特養入所者のうち、要介護4及び5の方の合計が18名以上で、介護福祉士の人数が5名以上の場合加算されます。
サービス体制提供加算
イ.サービス提供体制強化加算T 特養の介護職員のうち介護福祉士の割合が50%の場合  12単位
ロ.サービス提供体制強化加算U 特養の看護・介護職員のうち常勤者の割合が75%以上の場合 6単位
ハ.サービス提供体制強化加算V 特養サービス直接提供職員のうち勤務3年以上の職員割合が30%以上の場合 6単位
なお、これら加算とCの加算は重複して加算されません(いずれか1つ)
加算D  常勤の看護師を配置した場合加算されます。
加算E  2名以上の看護職員を配置し、24時間連絡体制を確保した場合加算されます。
加算F  基準に規程する夜勤職員数を上回る夜勤職員を配置した場合加算されます。
加算G  介護職員が基準に該当する指導を受け、計画・実施している場合加算されます。
加算I  医師の指示箋に基き療養食を提供した場合加算されます。
加算J〜L  摂食・嚥下機能が低下し、医師の指示を受け管理栄養士が特別な管理を行った場合加算されます。
加算M  特養入所初日から、または30日を超える医療機関への入院後特養に戻られた場合30日以内の期間につき加算されます。
加算N  ご利用者が6日以内の入院または外泊をされた場合加算されます。
加算O  ご利用者が歯科衛生士に月4回口腔ケアを受けた場合加算されます。
加算P〜R  基準に該当する職員配置及び家族等の合意、書類の整備等の諸条件を整備し看取り看護を行った場合加算されます。なお、施設外で死亡された場合でも加算されることがあります。

           
           →TOP-PAGEへ戻る


Copyright©2013 KIRAKUEN All Rights Reserved.