おきらく日誌


平成29年7月10日(月)&12日(水)
デイサービス ココスドライブ
彦三きらく園デイサービスセンターでは、10日と12日、恒例のココスドライブをしました。
ティー&スウィートタイムです。
日頃はこうした所でなかなか時間を過ごすことはありませんので、皆さん本当に心待ちしておりました。。
暑い日が続くので、冷たいものを注文するご利用者もおられました。

誕生月の方にはお店からプレートのプレゼントです。


冷たくて、甘くて、とっても幸せそうに召し上がっておられましたよ

これから夏真っ盛りになります。大好きなスウィーツを楽しんで夏を乗り切りましょう!            事務長より










これは職員が注文したものです。
なんだこの量は!


平成29年7月6日(木)
デイサービス たこ焼きパーティー
本日彦三きらく園デイサービスセンターではたこ焼きパーティーをしました。
みなさんたこ焼きは大好きです。
元気な頃は家で作って家族で楽しんでいた方もおられます。
     
         粉をまぜて              焼いて
 できあがりー!
美味しく出来上がりました!

私も家で、たこ焼きパーティーをしますよ。もっぱら私が焼き係りです。
これでもなかなの腕前ですよ。                   事務長より


  


平成29年6月20日(火)
106歳&0歳
彦三きらく園の特養に入所されておられるC様は、現在106歳です。きらく園での最高齢です。
最近曾孫さんが生まれました。
今日その曾孫さんが来園しました。
106歳と0歳の競演です。凄いですね〜
C様はとってもカワイイ曾孫の顔を見て、顔をクシャクシャにしながら喜んでいました。
曾孫さんはもちろん何のことか分からない顔でしたが、ぐずることも無く、目を合わせていましたよ。
C様は106歳にしては、食欲旺盛で、元気に過ごしておられます。
いつまでもお元気でお過ごしください。
         
こうして、命のバトン渡しが行われるのですね。         事務長より


  


平成29年6月17日(土)&19(月)
デイサービス 梅干作り
今年も兼六園様から梅の実をたくさん頂きました。
早速梅干作りに取り掛かりました。まずはヘタ取り。皆さんとっても上手ですね。
         
ヘタをとったあと、しばらく干して、次は塩漬けです。
樽にきれいに並べて塩をまぶします。
「こうするんだよ」とご利用者に教わりながら、職員も一緒につけました。
         
出来上がりが楽しみです。

兼六園様、毎年本当にありがとうございます。
心から感謝致します。                 事務長より


  


平成29年6月15日(木)
特養T様 生花
本日特養利用者のT様が生花を活けました。
T様は若いころ生花をされておられ、展覧会にも出展されたことがあるそうです。
昔のことを思い出しながら活けました。
とっても大好きなお花を選んで活けましたよ。
活けている最中は真剣な表情で集中しておられました。
出来上がってからはいつまでも嬉しそうに眺めておられました。
        
さすがですね、とっても綺麗に仕上がりました 
                          事務長より


  


平成29年6月12日(月)
デイサービス 菖蒲園ドライブ
本日彦三きらく園デイサービスセンターでは、卯辰山の菖蒲園までドライブに出掛けました。
あじさい、菖蒲が満開でした。
露の最中でありますが、楽しいひと時を過ごしてきました。
        
いずれ菖蒲か杜若                 事務長より


  


平成29年5月31日(水)
ショートスティ ココスドライブ
本日彦三きらく園のショートスティで、ココスまでお出掛けしました。
楽しいティー&スウィーツタイムを楽しむためです。
お出掛けしたご利用者は、本当に楽しそうでした。
日頃あまり見たことが無い、サンデーやケーキなど、どれにしようかな〜と童心に帰って選んでいました。皆さん甘い物には目が無いですね。
日頃はあまり食が進まない方も、今日はたくさん召し上がっていましたよ。
          
またお出掛けしましょうね         事務長より

  


平成29年5月22日(月)
デイサービスセンター バラ園ドライブ
本日彦三きらく園デイサービスセンターでは、富樫のバラ園にドライブに出掛けました。
いま、バラが満開で、咲き誇っています。
他のお客さんもたくさんおられ、賑わっていました。
赤や黄色、白色、本当に綺麗でした。

因みに我が家の庭でも、種類は分かりませんが、小さな白いバラが満開です。
鉢植えから庭に直接植え替えてから、本当に大きくなりました。毎年、家族を和ましてくれています。
                         事務長より

  


平成29年4月30日(日)
ショートスティ 彦三緑地散歩
本日ショートスティでは、隣の彦三緑地へツツジを愛でに散歩に出かけました。
今、ツツジが満開です。
真っ赤なキリシマツツジや、白い小さなドウダンツツジなどたくさんのツツジが咲き誇っています。
皆さん口々に「綺麗だね〜」と言いながら、散策しておられました。

ポカポカ陽気でとっても気持ちの良い日でした。
                         事務長より

  


平成29年4月27日(木)
特養 家庭菜園
本日特養では、ミニトマトの家庭菜園、苗植えをしました。皆さん、御家庭でもやっていたようで、笑顔でしていました。
これから交替で、水遣りや収穫などを行う予定です。
         
甘〜いトマトになりますように!    事務長より


  


平成29年4月12日(水)
デイサービス、花見ドライブ
本日彦三きらく園デイサービスセンターでは花見ドライブに出かけました。満開の桜の下、皆さん満喫していました。
心地よい春風に当たりながら、思い思いに散策されていました。
寒い冬も終わり、春真っ盛りです。
とても気持ちのいいドライブでした。。

散る桜 残る桜も 散る桜      事務長より


  


平成29年4月5日(水)
まこと保育園はなまつり
本日特養に、御近所のまこと保育園の園児さんたちがお釈迦様の誕生日のはなまつりで来園されました。
毎年恒例となり、職員も心待ちしております。
毎年綺麗なお花とカワイイ遊戯のプレゼントを頂きます。
自分の孫やひ孫と同じ年頃の子供さんたちのかわいいお遊戯に、普段はあまり表情の無い御利用者も、目を細めて手を叩いて喜んでおられました。中には涙を流しておられるご利用者もおられます。
ほんとに毎年ありがとうございます。ご利用者にとっては一番の贈り物です。心から感謝します。

はな祭りとは、約2500年前にお釈迦様がお生まれになった日、誕生日をお祝いする日です。キリスト教のクリスマスと同じですね。
お釈迦様がお生まれになった時に、辺り一面にはお花が咲き誇っていたとの由来から「はなまつり」と言われるようになりました。
また天から甘い香りのする雨「甘露」が降り注いだとの言い伝えから、お寺ではお釈迦様の誕生像に甘茶をかける「灌仏式」を行うようになったそうです。      事務長より

綺麗なお花のプレゼントを頂きました。


利用者もかわいい姿に大喜び!



  


3月26日「おきらくさん」オープン!
 新しい居場所となるように


 平成29年3月26日(日)彦三きらく園横に「おきらくさん」がオープンします。ここは、皆さまが気軽に集える場として、昭和1年築の町家を金沢市の補助金を一部頂いて改修したものです。

                 

当園の事業所2つが入りますが、道路に面した居間と、2階の和室は地域の皆さんに自由にご利用頂く場です。1階の居間に気軽にお茶しに立ち寄るのもよし、2階のスペースを利用して自分の作品を発表するのもよし。また、まこと保育園さんや彦三のぞみ園さん、当園が交代で相談窓口を開設します。わざわざ施設に出向くのはちょっと、という方でも、お茶のついでに相談できる場として利用して下さい。

              
 地域の皆様へ26日オープンイベント     事業者の皆様へ27日お披露目

この「おきらくさん」がどのような場になるかは、地域の皆さん次第です。どうぞ機会を作ってお立ち寄り下さい。そして、一緒に地域について語り合いましょう!是非お待ちしております。

3月26日は地域の方向けにオープンイベントを開催する予定です。大げさなものではありませんが、お立ち寄り頂ければ幸いです。職員一同、心よりお待ちしております。

                       施設長   星野 真理子



石川県内で2社目の「ユースエール認定企業」に認定されました!!
「ユースエール認定企業」とは、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業であるとして、厚生労働大臣が認定する制度です。
まだこの認定制度が始まって間もないのですが、実はハードルが高く、なかなか認定が受けれないのです。
C:\Users\sakurai\Desktop\youth_mark_jpgなど\youth_yell2016.jpg 認定基準はいくつかありますが、ハードルの高い基準として、
@新卒者の離職率が20%以下(当法人は0%
A残業時間が短い(当法人は、一人平均1.6時間/月)
B有給休暇取得日数または率が高い(当法人は一人平均11.9日間/年)
C育児休暇取得率が高い(当法人は100%
などがあり、これら全てをクリアして、認定されるのです。
特にAとBが厳しく、なかなか認定を受けられず、当法人は
なんと県内で2社目
もちろん介護・福祉業界ではの認定企業となりました。
認定は毎年度更新であるので、単発に終わることなく、また認定に恥じないよう、労働環境の改善を続けます。
これから就職先を検討される皆さん、若者に限らずベテランの方も是非、見学・お話だけであっても構いません、お気軽にお問い合わせください!。
          

まだ新しい制度であり、あまり認知されていないのですが、厚生労働省は相当力を入れており、認定企業をもっと増やしたいそうです。
こうした認定を受けることで、3Kとも4Kとも言われる介護業界のイメージアップにつながり、若者が目指したい職場になれるようPRしていきます。
ユースエール認定制度につきましては、厚生労働省や石川労働局のホームページをご覧ください。                                事務長より



《やわらか食への取り組み》    彦三きらく園管理栄養士
高齢とともに咀嚼・嚥下機能が低下し普通食を食べる事が困難になった利用者様にも、見た目は普通食と変わらず咀嚼・嚥下しやすい食事を提供したいと、昨年1月から取り組んできました。それまでは見た目が悪い上に嚥下しにくい普通食を刻んだ『刻み食』を提供してきました。現在は高齢者にとってはとても危険な『きざみ食』を廃止し、安全な『やわらか食』を提供しています。

『きざみ食』…長年にわたって「きざみ食」が高齢者のための食事として提供されてきました。しかし嚥下食に関する研究が進むにつれて、食形態ならびに衛生管理の観点から安全上の危険性が指摘されるようになり、嚥下食としては不適切であるとの認識が定着しつつあります。

『やわらか食』…咀嚼・嚥下障害がある利用者様に可能な限り普通食と同じメニューで、形・風味・栄養をより安全に美味しく楽しく味わえる食事提供ができます。当施設では《凍結含浸法》を取り入れたやわらか食作りに取り組んでいます。

《凍結含浸法》…果肉が熟すとペクチナーゼ(酵素)が作用し柔らかくなる原理を用いた調理法です。食材を加熱し凍結させ解凍し内部に酵素を導入し食材酵素反応により柔らかくします。

【当施設の調理例】
           蓮蒸し                  高野豆腐料理
     
    普通食      やわらか食        普通食       やわらか食

         キャベツあえ               白魚の照り焼き 
  
    普通食       やわらか食       普通食       やわらか食

          肉じゃが

    普通食      やわらか食 

     煮込みハンバーグ                   ポークかつ
    
    普通食      やわらか食        普通食       やわらか食 

                肉じゃが献立
  
        普通食              やわらか食   

ご覧のとおり当園では、やわらか食に取組んでいます。
写真では分かりにくいかもしれませんが、実際の見た目では、ほとんど違和感がありません。味もそのままです。
唯一違うのはその柔らかさです。やわらか食は口に入れても舌で簡単に潰せて、噛む力が無くても食事を楽しめます。
詳細については当園までお気軽にお問い合わせください。        事務長より


平成28年12月15日(木)
DS忘年会&SSケーキ作り
本日、彦三きらく園デイサービスでは忘年会を、ショートスティではブッシュドノエル作りをしました。
デイサービスセンターではお鍋&ビール(ノンアルコールですが)で賑やかに忘年会を楽しみました。
 
皆で食べる鍋は美味しいですよね。
  
そろそろ出来上がりです。     うまい!ピース。
〆はうどんを入れました。

ショートスティではお昼のレクタイムで、なんと「ブッシュドノエル」作りにチャレンジしました。
 
生クリームを皆でホイップし、スポンジに生クリームを塗ります。フルーツを切って、トッピングします。
最後にかわいいサンタを飾り付けし、出来上がり!
かわいいブッシュドノエルが完成しました。目にも舌にも楽しいパーティーとなりました。

デイサービスもショートスティも楽しいひと時となりましたね。今年もあとわずか。いいお正月を迎えましょうね。
                         事務長より

理事長の音頭で乾杯!


職員も一緒に頂きました







  


平成28年11月16日(水)
特養入居者K様、ご自宅へ一時帰宅
彦三きらく園の特養に入居されているK様が、本日ご自宅へ一時帰宅されました。
K様は誤嚥による肺炎でしばらく医療機関に入院されておられたのですが、ご家族が特養での看取りを希望されていることもあり、本日退院されました。
退院される際に、これで外出はもう出来ないかもしれないため、ご自宅に立ち寄ることとしました。
ご家族との思い出が一杯詰まったご自宅です。
日頃はほとんど反応が無いのですが、ご自宅近くになると目を開けて、まわりを確認されていました。
ご自宅に入られると、なつかしい匂いや見慣れた家財道具などで表情も柔らかくなりました。
お仏壇もお参りされました。ご先祖のほか、最愛の奥様もお仏壇に入っておられます。
短い滞在時間ではありましたが、K様への支援にほんの少しでも繋がれば幸いです。

K様は当園ショートスティからのご利用者です。私も何度か運転手として送迎に行きました。当時はK様もまだまだお元気で奥様もご健在で、丁寧なご挨拶を頂いたことを覚えています。
今回は職員からご家族に提案し、こうした支援を行うことができました。今後もこうした支援を続けていきたいと思います。                  事務長より





  


平成28年11月 8日(火)
寿司バイキング
今日の彦三きらく園のお昼ごはんは「寿司バイキング」でした。
いつもの料金で、お寿司が食べ放題です。
皆さん寿司は大好きですよね〜。
利用者に限らず、職員もです。きらく園では職員も注文すれば利用者さんと同じお昼ごはんが食べられますので、今日はいつもお弁当の職員も、お寿司を注文しました。
寿司職人に、目の前で握って頂きました。
普段は食の細い利用者さんも今日はおかわりをして、召し上がっておられましたよ。たくさん召し上がれ。

高齢になるほど、たんぱく質をとらないといけないのですが、魚のたんぱく質は、高齢者には理に叶っているとのことです。たくさん魚を食べて下さいね。 事務長より





  



過去のおきらく日誌


⇒  ★平成24年度のおきらく日誌
⇒  ★平成25年度のおきらく日誌
⇒  ★平成26年度のおきらく日誌
⇒  ★平成27年度のおきらく日誌
⇒  ★平成28年度4月〜10月のおきらく日誌

TOP-PAGEへ戻る

Copyright©2013 KIRAKUEN All Rights Reserved.

                                                      社会福祉法人 希清軒傳六会 彦三きらく園
                                                        〒920−0901石川県金沢市彦三町1−8−8
                                            TEL 076−223−6611
                                            FAX 076−223−6638
                                               E−mail : hikoso@kirakuen.net